• お宝・レア物のおもちゃ商品を買いたい方はこちら

金・プラチナの特徴や品位について

環境の変化や年齢などによってファッションは変化します。使わなくなったピアスやネックレスなどのアクセサリーをお持ちの方も多いことでしょう。アクセサリーに使われている金やプラチナには「品位」があるのをご存知でしょうか。貴金属の品位とは純度を指します。こちらではアクセサリーでよく使われている金・プラチナの特徴や品位について詳しく説明していきます。

◉ 古くから様々な宝飾品に使われている金

金は希少価値が高い金属であり、品質が変化しません。美しい輝きと劣化が少ない貴金属であり、純度と質量が同じならどこの国でも同じ価値があります。また金は人工的に作れないことから、値段が高くなります。金は柔らかいので加工はしやすいのですが、アクセサリーには向いていません。アクセサリーにする場合は他の金属を混ぜています。金の品位はカラットと表示され、K24、K20、K18、K14、K12、K10に分けられます。

K24は99.99%の純度で、数字が少なくなるにつれて他の金属を混ぜている割合が多くなります。K24、K20はアクセサリーには適しておらず、K18からアクセサリーに使われています。

◉ 希少価値が高いプラチナ

白く美しい輝きを放つプラチナはアクセサリーの素材としても人気があります。プラチナは金よりも採れる量が少なく、希少価値が高いです。科学的に安定しており、酸化しにくいというメリットがあります。

金と比べると粘りがあり、純度が高くてもアクセサリーを作ることができます。プラチナの純度はパーミルで表記され、PT1000、PT950、PT900、PT850があります。PT1000は純度が高いプラチナであり、数字が少なくなるにつれてバラジウムやルテニウムなどの金属が混ぜられています。バラジウムやルテニウムを混ぜることでプラチナの粘度が高くなるので、混ぜられている割合が大きいほどキズがつきにくいです。

アクセサリーなどの買取なら、ぜひ当店をご利用ください。当店はアクセサリーやおもちゃ、楽器、パソコン、ジャンク品など様々な商品の買取を行っています。買取方法は宅配買取、出張買取、店頭買取からお選びいただけます。宅配買取ではお申込み頂いたお客様に無料で宅配キットをお届けしております。宅配買取はお時間がない方におすすめです。

疑問点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ